page top

振り込め詐欺(特殊詐欺)

高齢者をねらう振り込め詐欺

高齢者は振り込め詐欺の格好の餌食にされがちです。次から次へと新しい手口も生まれていますので、用心しましょう。

急な振込みの依頼の電話はまず疑うこと。
あわてず、落ち着いて、まわりの人にまず相談しましょう。

被害の多い事例

オレオレ詐欺

電話を利用して、親族や会社の上司、警察官、弁護士等を装い、会社のトラブル等の名目でお金の振込を要求する。

<対処方法>

電話で家族だと名のってお金を要求した場合、家族にしかわからない話題を話してみて様子を見る、普段から家族で合言葉を決めておき、合言葉を言わせるなど方法をとること。さらに、今まで知っている連絡先に電話して確認する。

架空請求詐欺

身に覚えのない料金等の請求。郵便、携帯電話やパソコンのメールを使用し、不特定多数の者に送りつける

<対処方法>

身に覚えのない請求は一切無視すること。書いてある連絡先には決して連絡しない。

還付金詐欺

役所等をかたり、税金、保険料、医療費等の還付といって、電話で指示しながらATMを操作させて振り込ませる。

<対処方法>

役所からなどといっても簡単に信用しないこと。電話帳で調べた番号で役所に電話をして確かめてみる。

融資保証金詐欺

ダイレクトメールや雑誌広告で「低金利で融資」「債務の一本化」と勧誘し、保証金等の名目でお金を事前に支払わせますが、結局、融資しない悪質なヤミ金融の手口。

<対処方法>

うまい融資話はありません。絶対に連絡しないこと。

返済のための借金を重ねている場合は、借金問題を解決する必要があります。早めに消費者相談窓口へ相談しましょう。

このページの先頭へ