困ったらまず相談を!(長野県消費生活センター)
2020年05月26日更新

新型コロナウイルス感染症関連情報

<目次>

ご注意ください!
買い物をするときのお願い
食料品等の生活必需品についてのお願い
マスクについて
アルコール消毒液等について
新型コロナウイルスに便乗した悪質商法・詐欺に注意!
イベント等のキャンセルに関すること
「新型コロナウイルス予防に効果あり」等の広告表示に注意!
新型コロナウイルス感染症に関する県の対応や相談窓口について
国機関等の情報について(リンク集)

 

ご注意ください!

「特別定額給付金」(一人10万円の給付金)を装ったサギにご注意ください

給付金のサギに注意![PDF:210KB]
○給付金の支給に便乗して、以下のような事例が発生しています。
・高齢な母が訪問してきた誰かに、銀行通帳やマイナンバーカードを渡してしまった
・給付金の手続きができると思いアクセスしたサイトに、マイナンバーカードの情報を入力してしまった
・登録してもいないのに、役所からメールで特別定額給付金の手続が始まったと案内が来た

○市町村や総務省などが以下を行うことは絶対にありません

・現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること

・受給にあたり、手数料の振込みを求めること

・メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること

○暗証番号 通帳 口座番号 キャッシュカード マイナンバー は、絶対に教えない!渡さない!

参考:給付金のサギに注意!!/総務省(外部サイトがひらきます)

参考:「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」の受付状況/国民生活センター(外部サイトが開きます)

身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください

新型コロナウイルス感染症に便乗した身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください[PDF:203KB]

消費者の皆様に御注意いただきたいこと

買い物をするときのお願い

感染拡大の予防と社会経済活動の両立を図るため、スーパーなどの店舗で買物をするとき、または外食をするときには、従業員と消費者が理解・協力しあうことが大切です。
感染予防に加え、他の方に感染させない気づかいも大切です。
また、品薄や欠品、席の配置の制限など、従来のサービスと異なり戸惑うことがあるかもしれませんが、是非「お買物エチケット」等へのご協力と、お店の応援をお願いします。

「お買物エチケット」ご協力のお願い/農林水産省ほか [PDF:318KB]

買い物をするときのお願い /農林水産省ほか[PDF:78KB]

「密」を避けて気持ちよく買物をしていただくために/農林水産省ほか[PDF:111KB]

「おいしく、楽しく、安全に外食をするときのお願い」[PDF:136KB]

食料品等の生活必需品についてのお願い

食料品は十分な供給量が確保されています。その他の生活必需品についても事業者が適切な供給量の確保に努めています。過度な買いだめや買い急ぎをすることなく、必要な分だけ買うようにしてください。政府や県の発表する情報を確認し、安心して、落ち着いた購買行動をお願いいたします。

小麦粉について

小麦粉や関連食品が、インターネット上で高値で転売されているとの情報がありますが、小麦粉の供給は十分に行われており、パン等の関連食品も事業者が適切な供給量の確保に努めていますので、過度な買いだめや買い急ぎをすることなく、必要な分だけ買うようにするなど、落ち着いた購買行動をお願いいたします。また、転売目的の購入は決して行わないでください。

参考:食料品供給情報(新型コロナウイルス感染症関連)/農林水産省(外部サイトが開きます)

食料品についてのお願い(農林水産省ほか)[PDF:141KB]

マスクや消毒液、トイレットペーパー等の製品についてのお願い

マスクについて

マスクは、厚生労働省や経済産業省が関係団体に増産など安定供給について要請を行い、供給量の増加を目指しています。
3月15日以降、マスクの転売が禁止されています。事業者のみならず個人も、購入価格を超える価格でマスクの転売を行うと処罰の対象となり得ますのでくれぐれもご注意ください。
参考:アルコール消毒製品およびマスクの転売規制について/消費者庁(外部サイトが開きます)

アルコール消毒液等について

消毒用アルコールについては、小売店店頭での品不足が生じていますが、現在、国内主要メーカー各社ができる限りの増産に取り組んでおります。
消毒用アルコール以外でも、石けんやハンドソープなどで手洗いを丁寧に行うことにより、十分にウイルスを除去することができることから、必要最小限の購入に留めるなど適切な行動を心がけるようお願いします。
※消毒に用いるアルコールは、通常、70%の「エタノール」などが使用されています。一方で、「メタノール」は人体への毒性が高いものですので、絶対に消毒用として使用しないでください。
なお、5月26日以降、アルコール消毒製品についても転売が禁止されています。購入価格を超える価格でマスクの転売を行うと処罰の対象となり得ますのでくれぐれもご注意ください。
参考:アルコール消毒製品およびマスクの転売規制について/消費者庁(外部サイトが開きます)

○住宅内の消毒に関する商品について
・机、ドアノブなど身近なものの消毒については、「次亜塩素酸ナトリウム」を成分とした家庭用の塩素系漂白剤を利用できます。次亜塩素酸ナトリウムを0.05%に薄めて拭いた後、水拭きをしましょう。使用の際には、忘れずに換気をし、噴霧は絶対に行わないでください。
販売されている塩素系漂白剤ごとの薄め方など、詳しくは以下のチラシをご覧ください。
新型コロナウイルス対策 身のまわりを清潔にしましょう(厚生労働省ほか)[PDF:979KB]

・類似した名称の「次亜塩素酸水(酸性電解水)」は、食品の殺菌などに使われます。新型コロナウイルス対策として消毒に活用することについては、現在、国機関による評価が行われています。
参考:NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価に関する情報公開/NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)(外部サイトが開きます)

その他、詳細については以下のウェブサイトをご覧ください。
除菌や消毒をうたった商品について正しく知っていますか?-新型コロナウイルスに関連して-(外部サイトが開きます)

トイレットペーパー・ティッシュペーパーの供給力、在庫は十分あります

SNS等において、トイレットペーパーやティッシュペーパーが不足するとの情報が広がっていますが、これらの紙製品は、現在、通常通りの生産・供給を行っています。原材料調達についても中国に依存しておらず、製品在庫も十分にありますので、需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しています。安心して落ち着いた行動をお願いいたします。

参考:⽇本家庭紙⼯業会からのお知らせ/日本製紙連合会(外部サイトが開きます)

参考:マスクや消毒液やトイレットペーパーの状況 ~不足を解消するために官民連携して対応中です~/経済産業省(外部サイトが開きます)

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法・詐欺に注意!

新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。

【主な相談事例】
「マスクを無料送付するというメッセージ(メール)がスマートフォンに届いた」
「インターネットで見つけた通販サイトでマスクを購入しようとしたところ、銀行振込しか選択できず、サイトに記載されていた住所も無関係な個人宅のものだった。詐欺サイトではないか?」
「『新型コロナウイルスが水道水に混ざっているので、清掃が必要』と不審な電話がかかってきた」
「保健所(保健福祉事務所)を装って個人情報を聞き出そうとされた」

●消費者の皆様へのアドバイス

  • 心当たりのない送信元から怪しいメールやSMSが届いても、反応しないようにしましょう 。URLなどをクリックすると、スマートフォンに不正なアプリがインストールされたり、個人情報を取得されたりする可能性があります。
  • 通販サイトを装った悪質な広告やウェブサイトに注意しましょう。個人情報やクレジットカード情報を抜き取るフィッシングサイトや、金銭をだまし取る目的のサイトである恐れがあるため、事業者の連絡先や注文手続きなどに不審な点がないかよく確認しましょう。
  • 新型コロナウイルスに便乗した悪質な勧誘を行う業者には耳を貸さないようにしましょう。不審な場合や、万が一契約をしてしまった場合は、早めに消費生活センターなどにご相談ください。
  • 保健所(保健福祉事務所)などの行政機関がご家庭に上記のようなご連絡をすることはありません。行政機関を名乗って個人情報を聞き出す不審な電話に十分ご注意ください。

参考:新型コロナウイルス感染症関連情報/国民生活センター(外部サイトが開きます)

イベント等のキャンセルに関すること

有料イベントや旅行のキャンセルに関する相談が、各地域の消費生活センターに寄せられています。
有料イベントの参加者の皆様や旅行をキャンセルしようとする皆様におかれましては、返金の取扱いなどを主催者に確認するようにしましょう。

「新型コロナウイルス予防に効果あり」等の広告表示に注意!!

消費者庁が実施した緊急監視の結果、新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする文言等を含むインターネット広告が確認されています。
現時点で、健康食品、マイナスイオン発生器、空間除菌剤等の商品については、当該ウイルスに対する効果を裏付ける根拠は認められていませんので御注意ください。手洗いなど、正しい予防を心掛けましょう。
参考:新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする商品の表示に関する改善要請等及び一般消費者への注意喚起について(外部サイトが開きます)

消費者トラブルに遭った際は、県消費生活センターへご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に関する県の対応や相談窓口について

新型コロナウイルスに関する県内の状況や県の対応、新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口(一般相談窓口、有症状者相談窓口)につきまして、詳しくは以下の県公式ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策について/長野県(外部サイトが開きます)

【相談窓口】

熱や倦怠感などの症状がある方

新型コロナウイルス感染症ではないかとの不安をお持ちの方は、医療機関を受診する前に、必ずお住いの市町村を管轄する保健所にご相談ください。受診について保健所で調整を行います。

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合
    ※ ご高齢の方、糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦の方については、念のため早めにご相談ください。
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
  • 発熱等の症状があり、新型コロナウイルス感染症の発生している地域を訪問された方、またはそれらの方との濃厚接触*の可能性がある方
    * 濃厚接触とは
    新型コロナウイルス感染症が疑われる方と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった方 等

(お子様をお持ちの方へ)
小児については、小児科医による診察が望ましく、有症状者相談窓口やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

お伺いした内容によっては、一般の医療機関への受診をお願いすることがあります。

■有症状者相談窓口(保健所)※国のいう「帰国者・接触者相談センター」

電話相談窓口 連絡先電話番号(24時間対応)
佐久保健福祉事務所(佐久保健所) 0267-63-3164
上田保健福祉事務所(上田保健所) 0268-25-7135
諏訪保健福祉事務所(諏訪保健所) 0266-57-2927
伊那保健福祉事務所(伊那保健所) 0265-76-6837
飯田保健福祉事務所(飯田保健所) 0265-53-0435
木曽保健福祉事務所(木曽保健所) 0264-25-2233
松本保健福祉事務所(松本保健所) 0263-40-1939
大町保健福祉事務所(大町保健所) 0261-23-6560
長野保健福祉事務所(長野保健所) 026-225-9039
北信保健福祉事務所(北信保健所) 0269-62-6104
長野市保健所
平日(8:30~17:15)
026-226-9964
長野市保健所
休日・夜間(17:15~8:30)
026-226-4911

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な健康相談

026-235-7277 または 026-235-7278【専用電話:24時間対応】

026-235-7077 【専用電話:8時30分~17時15分

県消費生活センター

消費生活に関するご相談を承ります

北信消費生活センター TEL 026-217-0009

中信消費生活センター TEL 0263-40-3660

南信消費生活センター TEL 0265-24-8058

東信消費生活センター TEL 0268-27-8517

【受付時間 平日8:30〜17:00】


土曜、日曜、祝日に
利用できる相談窓口

【国民生活センター】
相談受付時間 10:00〜16:00
(年末年始、国民生活センターの建物点検日を除く)
電話番号:消費者ホットライン188(局番なし)


市町村の相談窓口はこちら