page top

多重債務

多重債務とは?

多重債務とは、複数の借入先から返済能力を超えて借金をしている状態をいいます。

病気やリストラで収入が減ってしまったり、今ある借金を返すために他の金融機関から借金を繰り返したりすることにより、雪だるま式に借金が増え続け返済が困難になってしまう多重債務者が増えています。

国では多重債務者対策の円滑かつ効果的な推進を図るため、平成18年12月に内閣に多重債務者対策本部を設置し、平成19年4月に「多重債務問題改善プログラム」を決定しました。

県では平成19年7月に長野県多重債務者対策協議会を設置し、多重債務問題に取り組んでいます。多重債務のご相談については国のプログラムに基づき、法律の専門家を紹介し、解決に向けて対応します。

多重債務に陥らないために

  • 家計管理をしっかり行う。
  • 借金は自分の収入の範囲内でする。
  • できるだけ短期間に全て返済する。少しでも残りがあれば利息は発生する。
  • 借金をする時は契約内容(返済期間、利息等)をしっかり把握し、無理のない返済計画を立てる。
  • 返済が困難になったからといって他の金融業者から借りて返済しても、かえって借金が増えることになる。

債務整理の方法

万が一、多重債務に陥った場合、次の方法により債務を整理することができます。

  1. 任意整理
    弁護士などを通じて貸金業者と話し合い、返済額や返済方法を決めること。
  2. 特定調停
    裁判所に調停を申し立て、調停の場で貸金業者と話し合い、返済額や返済方法を決めること。
  3. 個人再生手続
    将来の継続的な収入から借金を返済する計画を立て、その計画を裁判所が認めれば、その方法に従って返済することによって残りの債務が免除されること。
  4. 自己破産
    裁判所に、債務者自身が破産していることを宣告するように申し立てること。

ヤミ金融

ヤミ金融とは、貸金業登録をせずに無登録で営業している貸金業者や出資法で定められた上限を越えた金利で貸し付けを行う業者のことです。

◇登録貸金業者の確認

相談の流れ・相談窓口

万が一、多重債務に陥っても、新たな借金は絶対にしてはいけません。ひとりで悩まず、すぐに相談してください。

◇相談の流れ

  1. 相談に来訪(契約書、領収書などをご持参ください)
  2. 相談員がご相談の内容を聞き取り
  3. 相談内容をふまえ、法律専門家を紹介
     ↓ 
    法律専門家が解決に向けて対応

◇相談窓口(県消費生活センター以外)

消費者庁リコール情報サイト
高校生向けWEB教材

消費生活センター

消費生活に関するご相談を承ります

長野消費生活センター

松本消費生活センター

飯田消費生活センター

上田消費生活センター

【受付時間 平日8:30~17:00】


※土曜、日曜、祝日に利用できる相談窓口
【国民生活センター】
相談受付時間 10:00~16:00
(年末年始、国民生活センターの建物点検日を除く)
電話番号:消費者ホットライン
     188(局番なし)


市町村の相談窓口はこちら

消費者庁ホームページ
このページの先頭へ