page top

悪質商法についての注意喚起情報

2013年11月07日

東京オリンピックに関連した詐欺的トラブルにご注意ください!

2020年の夏季オリンピックが東京で開催されることが決定しましたが、それに伴い、

・「オリンピック関連企業への投資のパンフレットが送付されるので届いたら権利を譲ってほしい。パンフレット到着後に電話をくれたら、東京オリンピックの入場券をプレゼントする。」と知らない業者から電話があった。
・「東京オリンピックのメダルを作ることになった。」という業者からパンフレットが届いた。
・以前某社の未公開株を購入していたが、証券会社を名乗るところから電話があり、「オリンピック開催が決定し、株が10倍に上がったので売らないか。売却代金を送金するために保険を掛けるので30万円必要。」と言われ振り込んでしまった。 

など、東京オリンピックに関連した詐欺的トラブルの相談が全国の消費生活センターに寄せられはじめています。

消費者へのアドバイス
・悪質業者は、今話題となっている出来事を悪用して近づいてきます。今後、東京オリンピックに関連した詐欺的トラブルはさらに増加すると考えられますので、十分に注意してください。
・「代わりに買ってくれたら高値で買い取る。」「必ずもうかる。」などと勧誘されても相手にせず、すぐに電話を切ってください。
・業者とやり取りしてしまっても、絶対にお金を払わずに周囲の人や最寄りの消費生活センターに相談してください。 

詳しくはこちらをご覧ください
(国民生活センターホームページ)
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20131030_1.html  
(東京都ホームページ)
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/131024.html
(こくみんせいか 

このページの先頭へ