page top

 

「第2次長野県消費生活基本計画・長野県消費者教育推進計画」を策定しました。      

 

  この度、長野県では、公正で持続可能な消費社会の構築を目指し、県民、関係機関及び団体の参加、協働による総合的な消費者施策を推進するため、「第2次長野県消費生活基本計画・長野県消費者教育推進計画」を策定しましたので、お知らせします。

 

1 第2次長野県消費生活基本計画・長野県消費者教育推進計画について

 

(1) 趣旨・基本理念

  すべての県民が、消費者としての基本的な権利を確立し、安全・安心な消費生活を営むために、県民の消費生活における自立を支援し、若年者を含めた積極的な「学び」を促進するとともに、消費者団体等の多様な主体の「自治の力」を支援することにより、県民の消費生活の安定と向上を目指します。

 また、長野県版エシカル消費(人・健康・地域・社会・環境に配慮した思いやりのある消費)の推進に取り組み、SDGsにおける「持続可能な生産消費形態の確保」に資することを目指します。

 

(2) 計画の期間

  2018年4月から2023年3月まで

 

(3) 重点目標

  重点目標1 : 消費者大学や出前講座等の「学び」の場を提供し、年間受講者2万人を目指します。

  重点目標2 : 長野県版エシカル消費の認知度100%を目指します。

  重点目標3 : 特殊詐欺被害認知件数90件以下を目指します。

  重点目標4 : 全ての市町村に、高齢者等の見守りネットワークを構築します。 。

  重点目標5 : 市町村消費生活センターの人口カバー率100%を目指します。 。。 

  

2  計画の閲覧方法

   次のリンクからご覧いただけます。

   ・第2次長野県消費生活基本計画・長野県消費者教育推進計画 (PDF:1,634KB/40ページ)

   ・第2次長野県消費生活基本計画・長野県消費者教育推進計画の概要について(PDF:411KB/1ページ)

 

    また、以下の場所で閲覧することができます。

このページの先頭へ