page top

 

「長野県消費生活基本計画・長野県消費者教育推進計画」を策定しました。      

 

   この度、長野県では、公正で持続可能な消費社会の構築を目指し、県民、関係機関及び団体の参加、協働による総合的な消費者施策を推進するため、「長野県消費生活基本計画・長野県消費者教育推進計画」を策定しましたので、お知らせします。

 

1 長野県消費生活基本計画・長野県消費者教育推進計画について

 

(1) 策定の趣旨

  消費者、特に高齢者を狙った悪質な商法が後を絶たない中、被害を未然に防止するための環境整備や被害に遭った場合の迅速な救済及び被害に遭わない消費者を養成していくことが重要となっています。

  このため、県民の皆様や関係機関、団体と協働して事業を推進するための消費者施策・教育推進計画を策定しました。

 

(2) 計画の期間

  平成26年6月から平成30年3月まで

 

(3) 最重点目標、重点目標

  最重点目標 : 特殊詐欺被害認知件数の半減(90件)を目指します。

             《平成25年特殊詐欺被害認知件数 195件》

  重点目標1 : 全ての市町村に、高齢者等の見守りネットワークを構築します。

  重点目標2 : 市町村消費生活センターの人口カバー率100%を目指します。

  重点目標3 : 消費生活サポーターの登録300人を目指します。

  重点目標4 : 出前講座・セミナーの年間200回開催を目指します。

  

2  計画の閲覧方法

   次のリンクからご覧いただけます。

   ・全体版(冊子)(PDF:11.9MB/69ページ)

     表紙から目次(PDF:1.3MB/5ページ)

     第1章 計画の基本的考え方(PDF:0.2MB/2ページ)

     第2章 長野県における消費生活の現状と課題(PDF:4.3MB/22ページ)

     第3章 施策推進の基本方針(PDF:1.0MB/4ページ)

     第4章 施策の展開(PDF:1.5MB/17ページ)

          最重点、重点目標(PDF:2.1MB/7ページ)

     参考資料~裏表紙(PDF:1.1MB/12ページ)  

 

   ・概要版(リーフレット)(PDF:1.4MB/6ページ)

 

    また、以下の場所で閲覧することができます。

このページの先頭へ