page top

くらしの安全についての注意喚起情報

2017年09月27日

美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-

昨今、プエラリア・ミリフィカというマメ科のクズ(葛)と同属の植物の貯蔵根が原材料として配合された、バストアップやスタイルアップ等の美容を目的とした健康食品が販売されています。

 PIO-NET(注1)には、プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関する危害情報(注2)が2012年度以降の5年間あまり(注3)で209件寄せられており、特に2015年度以降増加しています。これらの中には消化器障害や皮膚障害といった一般の健康食品でもよくみられる危害事例のほかに、月経不順や不正出血といった、女性特有の生理作用に影響を及ぼしていると考えられる特徴的な危害事例が多く見受けられます。

 安易な摂取を控えることや摂取後に体調に異変を生じた場合には、直ちに摂取を中止し、医療機関への受診や保健所への相談をするよう消費者庁から通知がありました。
 「健康食品」の過剰摂取や誤った使用方法による健康被害のおそれがあることについて、十分に注意しください。

(注1)PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)とは、国民生活センターと全国の消費生活センター等をオンラインネットワークで結び、消費生活に関する相談情報を蓄積しているデータベースのことです。件数は本公表のために特別に事例を精査したものです。
(注2)PIO-NETにおける危害とは、商品・役務・設備に関連して、身体にけが、病気等の疾病(危害)を受けた相談を指します。
(注3)2012年度以降、2017年4月末日までの登録分。

詳しくは、国民生活センターのホームページを参考にしてください。
  http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170713_1.html#gyokai.kokusen.go.jp/news/data/n-20170713_1.html#gyokai  

このページの先頭へ