page top

くらしの安全についての注意喚起情報

2017年05月09日

子どもを事故から守る!プロジェクトが推進されています!

窒息や溺水など不慮の事故によって、14歳以下の子どもが毎年300人以上が亡くなっています。
こうした事故を可能な限り防止するために、消費者庁では関係府省庁と連携し、「子どもを事故から守る!プロジェクト」を推進しています。子どもの事故防止に関する注意ポイントなど様々な情報が発信されていますので、御活用ください。

1 子どもの事故を防ぐための注意点など、様々な情報をメールやTwitterなどで発信されています。
     ○子ども安全メール  http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/index.php
    ○「消費者庁 子どもを事から守る!公式Twitter
       http://www.caa.go.jp/info/homepage/child_twitter.html

2 事故防止ハンドブック
  0歳から6歳までの子どもに、予期せず起こりやすい事故の予防法、もしものときの対処法がまとめられています。(全体版)           http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/pdf/child_170426_0002.pdf

3 子どもを事故から守る!プロジェクト」シンボルキャラクター アブナイカモ
  プロジェクトの顔として、子ども達を不慮の事故から守るため、あらゆるシーンで活躍して
    います。http://www.caa.go.jp/kodomo/symbol/index.php 
   
4 子どもの事故防止週間が今年から創設されました。(5月22日~28日まで)
  
     詳しくはこちらをご覧ください。(消費者庁のホームページ)
     http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/ 
 

消費者庁リコール情報サイト
高校生向けWEB教材

消費生活センター

消費生活に関するご相談を承ります

長野消費生活センター

松本消費生活センター

飯田消費生活センター

上田消費生活センター

【受付時間 平日8:30~17:00】


※土曜、日曜、祝日に利用できる相談窓口
【国民生活センター】
相談受付時間 10:00~16:00
(年末年始、国民生活センターの建物点検日を除く)
電話番号:消費者ホットライン
     188(局番なし)


市町村の相談窓口はこちら

消費者庁ホームページ
このページの先頭へ