page top

くらしの安全についての注意喚起情報

2016年12月08日

店舗・商業施設で買い物中の転倒事故に注意しましょう!~師走・クリスマス・お正月の買い物時には注意してください~

 消費者庁には、消費者の店舗・商業施設(注1)での事故情報(注2)が845件寄せられています。このうち7割以上の602件が、買い物中に滑る、つまずく等によって起きた転倒事故です。
消費者の皆様は、買い物中には、濡れた床、段差や凹凸、床に置かれた商品箱等、足元や周囲の状況に注意を払って、転倒事故に遭わないようにしましょう。特にこれからの時期は、クリスマスや年末年始に備えて買い物をする頻度が高くなりますので、要注意です。
転倒事故の3割以上の方が骨折など治療期間1か月以上のけがを負っています。高齢になるにつれて、足元や周囲に想定外の変化があった時、その対応が遅れがちになります。専門家から転倒予防についてのコメントをいただきましたので、参考にしましょう。
 
・消費者へのアドバイス
 店舗での転倒事故は、店舗のフロアーや駐車場等の状態(水濡れ、凹凸等)だけが原因ではなく、消費者自身が注意を十分に払っていないことも関係しています。買い物中は商品に気を取られがちですが、自らも足元や周囲に注意を払い、事故に遭わないよう買い物をしましょう。もし、危険だと感じた時は、お店の方に申し出て、安全策をとってもらいましょう。

(注1) 店舗・商業施設には、買い物を主としたスーパー、コンビニエンスストアー、ショッピングモール等、百貨店、量販店、ホームセンター、ドラッグストアー、ディスカウントショップ、個人商店を含み、飲食店、店内のフードコート及びゲームコーナー、スポーツ施設、ホテル・旅館等、主に買い物以外を目的とする店舗は含まない。
(注2) 消費者庁発足以降、事故情報データバンクに寄せられた事故情報。「事故情報データバンク」とは、消費者庁が独立行政法人国民生活センターと連携し、関係機関から「事故情報」及び「危険情報」を広く収集し、事故防止に役立てるためのデータ収集・情報システム(平成22年4月運用開始)であり、事実関係や因果関係が確認されていない事例を含む。件数は、平成21年9月から平成28年10月末までの登録分を本件注意喚起のために特別に精査したもの。 

詳しくは、消費者庁のホームページを御確認ください。
・店舗・商業施設で買い物中の転倒事故に注意しましょう
 ~師走・クリスマス・お正月の買い物は注意して~
 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_161207_01.html
  

消費者庁リコール情報サイト
高校生向けWEB教材

消費生活センター

消費生活に関するご相談を承ります

長野消費生活センター

松本消費生活センター

飯田消費生活センター

上田消費生活センター

【受付時間 平日8:30~17:00】


※土曜、日曜、祝日に利用できる相談窓口
【国民生活センター】
相談受付時間 10:00~16:00
(年末年始、国民生活センターの建物点検日を除く)
電話番号:消費者ホットライン
     188(局番なし)


市町村の相談窓口はこちら

消費者庁ホームページ
このページの先頭へ