page top

くらしの安全についての注意喚起情報

2016年07月01日

熱中症に気をつけましょう!

 7月は、「熱中症予防強化月間」です。
 体温調節機能が十分に発達していない子供や、高齢者の方は特に注意が必要です。
 高齢者を中心に室内でも熱中症になるケースが目立ちます。
 エアコンや扇風機を上手に使用して、高温多湿にならないよう気をつけましよう。
 熱中症を防ぐポイントを確認しましょう。

 <子どもの場合>
 ・様子を十分に観察しましょう。
 ・こまめに水分補給し、特に遊びの最中は、定期的に休憩をとりましょう。
  ・外出時は帽子を忘れずに!
  ・日頃からバランスの良い食事や運動、遊びを通して暑さに負けない体づくりをしましょう。

 <高齢者の場合>
 ・暑さやのどの渇きを感じにくくなっているため、自覚症状がないまま重症となる傾向があり、一層の注意をしてください。
 ・あらかじめ決まった時間に水やお茶を飲むといったルールを決めておきましょう。 

 <熱中症を疑う症状がある場合>

 ・涼しい場所に移動し、衣服をゆるめて体を冷やし、水分と塩分を与えるようにしましょう。
  

 詳しくはこちらをご覧ください。

 (消費者庁のホームページ)

http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20160623.php 

 (国民生活センターのホームページ)

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen255.html 

このページの先頭へ