page top

くらしの安全についての注意喚起情報

2016年01月22日

石油ストーブ等の給油による事故にご注意ください!

 株式会社コロナが製造した石油ストーブ及び周辺を焼損する火災が発生し、1名が死亡したことを消費者庁が公表しています。
 該当製品は、付属する給油タンクに不具合があることから無償で点検や修理を実施中のリコール製品で、原因は調査中ですが、本製品に限らず、石油ストーブ等の給油作業による火災事故が発生しています。
 

○ 石油ストーブ等への給油の際は、必ず消火したことを確認した上で給油しましょう。

○ 給油が終わったら蓋を確実に閉め、油漏れがないことを確認しましょう。

○ 国の安全基準が変更される以前に製造された製品には、給油時自動消火機能のついていない場合がありますので、特に注意が必要です。

○ 自宅の製品がリコール品でないかどうか確認してみましょう。



詳しくは、こちらをご覧ください。(消費者庁ホームページ)http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_160119_01.html 
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/pdf/safety_caution_0001.pdf http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/pdf/safety_caution_0001.pdf http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/pdf/safety_caution_0001.pdf  


 

このページの先頭へ