page top

悪質商法についての注意喚起情報

2016年11月10日

インターネットショッピングでの購入の場合には、クーリング・オフはできませんので、ご注意ください!

 インターネットショッピングで、商品を購入する場合は、特定商取引法上では、通信販売にあたり、消費者自らが広告などの情報をもとに申込みを行うため、不意打ち性がないことから、クーリング・オフ制度の適用はありません。
 商品が届いて、箱を開けてみたら、「イメージしていたものと違う」、「大きさが違っていた」などといった場合、クーリング・オフはできません。
返品、交換を希望する場合には、事業者が定めた返品制度(特約)に従うことになります。「未開封かつ未使用の場合のみ返品可能です」といった場合であれば開封後は返品できないことになります。
 なお、返品制度について、広告等に表示していない場合は、商品到着後8日間は、送料を消費者負担で返品することができます。
 また、返品可能な場合として返品特約に定められた条件に合っていても、期限を過ぎたら返品できない場合があります。
 トラブルにならないよう、商品が手元に届いたら、「注文した商品と違うものが届いていないか」「商品が壊れていないか」「注文したものとサイズや色が違っていないか」「数量が異なっていないか」など、すぐに中身を確認することが大切です。また、注文した内容や業者からのメールや確認画面は印刷・保存しておきましょう。
 商品の注文前には、返品の可否や返品・交換が可能な場合の条件などを十分に確認してから注文するようにしましょう。

 詳しくは、こちらをご覧ください
(国民生活センターのホームページ)
http://www.kokusen.go.jp/t_box/data/t_box-faq_qa2015_20.html 
 

このページの先頭へ